Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『地球の上に生きる』(原題Living On The Earth)はアメリカの作家アリシア・ベイ=ローレルが執筆し1970年にアメリカで出版された著作。安全なトレッキングの仕方から簡単な小屋の建て方。家具の作り方。工作、農作業、料理、病気の手当など大地のリズムに従って、シンプルに生きる方法を綴った指南書である。アリシア・ベイ=ローレルの代表作であると同時に、現在ではヒッピー・カルチャーを代表する作品の一つ。世界各国で翻訳され、日本語版は草思社より1972年より出版され、現在まで定期的に増刷されている。エコムーブメントにより再発見され、近年人気が再燃している。日本では、深町眞理子によって翻訳され、草思社より出版されている。詩人の谷川俊太郎が「この本にしるされたことを、かたっぱしから自分の手で試したい、せめて試すことを夢見たい。それだけでも私の人生は、きっと根本から変るだろう」という帯コメントを寄せた。2009年には日本における発行部数が8万部を超えた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1868736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49963818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『地球の上に生きる』(原題Living On The Earth)はアメリカの作家アリシア・ベイ=ローレルが執筆し1970年にアメリカで出版された著作。安全なトレッキングの仕方から簡単な小屋の建て方。家具の作り方。工作、農作業、料理、病気の手当など大地のリズムに従って、シンプルに生きる方法を綴った指南書である。アリシア・ベイ=ローレルの代表作であると同時に、現在ではヒッピー・カルチャーを代表する作品の一つ。世界各国で翻訳され、日本語版は草思社より1972年より出版され、現在まで定期的に増刷されている。エコムーブメントにより再発見され、近年人気が再燃している。日本では、深町眞理子によって翻訳され、草思社より出版されている。詩人の谷川俊太郎が「この本にしるされたことを、かたっぱしから自分の手で試したい、せめて試すことを夢見たい。それだけでも私の人生は、きっと根本から変るだろう」という帯コメントを寄せた。2009年には日本における発行部数が8万部を超えた。
rdfs:label
  • 地球の上に生きる
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of