Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『地獄のオルフェ』(Orpheé aux Enfers)は、1858年10月20日にブッフ・パリジャン座で初演された、ジャック・オッフェンバック作曲による全2幕4場のオペレッタ(またはオペラ・ブッフ)である。1914年の帝劇初演時の邦題『天国と地獄』でも呼ばれ、特に序曲第3部がその名で知られる。初演から1859年6月まで連続228回公演を記録した大ヒット作にしてオッフェンバックの代表作である。オリジナルはフランス語だが、他のオッフェンバック作品の例にもれずドイツ語上演が非常に多く(日本でさえ日本語とドイツ語でしか上演されたことがなく、レコード時代にはドイツ語の全曲盤しか発売されなかった)、1970年代には東ドイツ、西ドイツそれぞれで競作のように映画化された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 562560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58410350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『地獄のオルフェ』(Orpheé aux Enfers)は、1858年10月20日にブッフ・パリジャン座で初演された、ジャック・オッフェンバック作曲による全2幕4場のオペレッタ(またはオペラ・ブッフ)である。1914年の帝劇初演時の邦題『天国と地獄』でも呼ばれ、特に序曲第3部がその名で知られる。初演から1859年6月まで連続228回公演を記録した大ヒット作にしてオッフェンバックの代表作である。オリジナルはフランス語だが、他のオッフェンバック作品の例にもれずドイツ語上演が非常に多く(日本でさえ日本語とドイツ語でしか上演されたことがなく、レコード時代にはドイツ語の全曲盤しか発売されなかった)、1970年代には東ドイツ、西ドイツそれぞれで競作のように映画化された。
rdfs:label
  • 地獄のオルフェ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:題名 of
is foaf:primaryTopic of