Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 地層同定の法則(ちそうどうていのほうそく、law of strata identified by fossils)とは、同時期に堆積した地層にはそれに特有な化石が含まれ、その化石によって地層の時間的位置や、離れた地域間において同一時期に堆積した地層を同定できるというもので、地層累重の法則と並ぶ層位学の基本法則である。正式には化石による地層同定の法則という。離れた地域間で異なる岩相をもつ地層の堆積時代を判断する手段として、特有の化石(示準化石)を用いることを明確化し、化石による層序(生層序)と時代区分(相対年代)との対比の基礎を確立した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1453338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57374134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 地層同定の法則(ちそうどうていのほうそく、law of strata identified by fossils)とは、同時期に堆積した地層にはそれに特有な化石が含まれ、その化石によって地層の時間的位置や、離れた地域間において同一時期に堆積した地層を同定できるというもので、地層累重の法則と並ぶ層位学の基本法則である。正式には化石による地層同定の法則という。離れた地域間で異なる岩相をもつ地層の堆積時代を判断する手段として、特有の化石(示準化石)を用いることを明確化し、化石による層序(生層序)と時代区分(相対年代)との対比の基礎を確立した。
rdfs:label
  • 地層同定の法則
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of