Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『地上最大のショウ』(ちじょうさいだい-, The Greatest Show on Earth)は、リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスの謳い文句。もともとは、このサーカスの前身の一つを作ったP・T・バーナムが宣伝文句として使い始めた。1.のサーカスに設定を置いた同名の映画。以下に記述。『地上最大のショウ』(The Greatest Show on Earth)は、1952年のアメリカ映画。映画の舞台はサーカス。そしてその中央リングで競いあう3人の男女が主人公である。空中ブランコ乗りのホリーと、ザ・グレート・セバスチャン、そしてショウの公演監督でもあるサーカス経営者のブラッド・ブレイデンである。彼らは恋のさや当てをする「三角関係」でもある。3人の繰り広げるラブストーリーと並行し、ドキュメンタリータッチと言えるほど迫真のアクロバット演技のシーンが交錯する。映画の終盤で、公演ツアーの移動をするサーカス団を載せた列車に予期せぬ事態が起きる。スピード感あふれる列車の走行シーンがドラマチックに加わる。デザイナーのイーディス・ヘッドらの手がけた豪華な衣装でのサーカスシーンはきらびやかで、豪華絢爛主義といわれたデミル監督の意向が反映されている。ストーリーに欠かせない脇役には、ドロシー・ラムーア、グロリア・グレアムが演じる芸人フィリスとエンジェル、決してメーキャップを落とさない道化師バタンズにはジェームス・スチュワート。また、ボブ・ホープとビング・クロスビーがサーカスの観客として特別出演している。1952年のアカデミー作品賞と脚本賞を受賞しているが、この年には他に『真昼の決闘』、『静かなる男』など玄人受けする名作映画がひしめいていた為、票が割れた結果、この作品に賞が転がりこんだとする見方がされることがある。当時のマスコミも「受賞理由=不明」などと結果を皮肉っている。とはいえ、テレビ番組などには決して真似のできないスケールの大きさ、老若男女を問わず楽しめる間口の広さなどは、テレビジョンの脅威が囁かれた当時のハリウッドが誇りうるに十二分なものであった。興行面においても、全米および日本でも年間興行成績第1位を記録するなど、文句なしの成功を収めている。
dbpedia-owl:cinematography
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:editing
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 189630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58542143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 152 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 地上最大のショウ
prop-ja:公開
  • --01-10
  • --04-25
prop-ja:出演者
prop-ja:原題
  • The Greatest Show on Earth
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
  • セオドア・セント・ジョン
  • フレドリック・M・フランク
prop-ja:製作
  • セシル・B・デミル
prop-ja:製作費
  • 4000000.0
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『地上最大のショウ』(ちじょうさいだい-, The Greatest Show on Earth)は、リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスの謳い文句。もともとは、このサーカスの前身の一つを作ったP・T・バーナムが宣伝文句として使い始めた。1.のサーカスに設定を置いた同名の映画。以下に記述。『地上最大のショウ』(The Greatest Show on Earth)は、1952年のアメリカ映画。映画の舞台はサーカス。そしてその中央リングで競いあう3人の男女が主人公である。空中ブランコ乗りのホリーと、ザ・グレート・セバスチャン、そしてショウの公演監督でもあるサーカス経営者のブラッド・ブレイデンである。彼らは恋のさや当てをする「三角関係」でもある。3人の繰り広げるラブストーリーと並行し、ドキュメンタリータッチと言えるほど迫真のアクロバット演技のシーンが交錯する。映画の終盤で、公演ツアーの移動をするサーカス団を載せた列車に予期せぬ事態が起きる。スピード感あふれる列車の走行シーンがドラマチックに加わる。デザイナーのイーディス・ヘッドらの手がけた豪華な衣装でのサーカスシーンはきらびやかで、豪華絢爛主義といわれたデミル監督の意向が反映されている。ストーリーに欠かせない脇役には、ドロシー・ラムーア、グロリア・グレアムが演じる芸人フィリスとエンジェル、決してメーキャップを落とさない道化師バタンズにはジェームス・スチュワート。また、ボブ・ホープとビング・クロスビーがサーカスの観客として特別出演している。1952年のアカデミー作品賞と脚本賞を受賞しているが、この年には他に『真昼の決闘』、『静かなる男』など玄人受けする名作映画がひしめいていた為、票が割れた結果、この作品に賞が転がりこんだとする見方がされることがある。当時のマスコミも「受賞理由=不明」などと結果を皮肉っている。とはいえ、テレビ番組などには決して真似のできないスケールの大きさ、老若男女を問わず楽しめる間口の広さなどは、テレビジョンの脅威が囁かれた当時のハリウッドが誇りうるに十二分なものであった。興行面においても、全米および日本でも年間興行成績第1位を記録するなど、文句なしの成功を収めている。
rdfs:label
  • 地上最大のショウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 地上最大のショウ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of