Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 在地領主(ざいちりょうしゅ)とは、中世日本の荘園公領制の下で在地(現地)において農民・漁民らを実際に支配する権限を持った領主のこと。都市部に拠点を有する貴族や寺社などの荘園領主(都市領主)や公領における国守や知行国主などと対比される存在で、一般的には当時の記録では「根本領主」「開発領主」と呼ばれ、村落に宅(屋敷地)を持つ武士層が想定されている。なお、在地領主による土地支配体制を在地領主制(ざいちりょうしゅせい)と呼称する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1778753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58253013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 在地領主(ざいちりょうしゅ)とは、中世日本の荘園公領制の下で在地(現地)において農民・漁民らを実際に支配する権限を持った領主のこと。都市部に拠点を有する貴族や寺社などの荘園領主(都市領主)や公領における国守や知行国主などと対比される存在で、一般的には当時の記録では「根本領主」「開発領主」と呼ばれ、村落に宅(屋敷地)を持つ武士層が想定されている。なお、在地領主による土地支配体制を在地領主制(ざいちりょうしゅせい)と呼称する。
rdfs:label
  • 在地領主
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of