Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 圧受容器(あつじゅようき、英:baroreceptor又はbaroceptor)とは圧力変化に反応する受容器の総称。皮膚の圧変化を感知する受容器、細胞外液量を感知する受容器、血圧変化を感知する受容器が存在するが、特に血圧変化を感知する受容器を指すことがある。血圧変化を感知する受容器は頚動脈洞、大動脈弓、心房、心室に存在する。血圧変化を感知する受容器は短期における変化には応答するが、慢性的な変化にはほとんど反応しない。これは長期的な変化では反応レベルが再設定されるためである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1140495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47227556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 圧受容器(あつじゅようき、英:baroreceptor又はbaroceptor)とは圧力変化に反応する受容器の総称。皮膚の圧変化を感知する受容器、細胞外液量を感知する受容器、血圧変化を感知する受容器が存在するが、特に血圧変化を感知する受容器を指すことがある。血圧変化を感知する受容器は頚動脈洞、大動脈弓、心房、心室に存在する。血圧変化を感知する受容器は短期における変化には応答するが、慢性的な変化にはほとんど反応しない。これは長期的な変化では反応レベルが再設定されるためである。
rdfs:label
  • 圧受容器
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of