Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 圧力勾配(あつりょくこうばい、Pressure gradient)とは、任意の2地点間における、圧力の変化率・変化量のこと。気象学においては、鉛直および水平方向に離れた2地点間での気圧の変化率・変化量を指す。気圧勾配、傾圧度、傾圧とも言う。また、鉛直方向の気圧勾配を特に気圧減率という。一般的に、1kmあたりの圧力の変化量を基準とし、パスカル毎キロメートル(Pa/km)で表されるが、Pa/mやhPa/kmなども用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1925824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58353435 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 圧力勾配(あつりょくこうばい、Pressure gradient)とは、任意の2地点間における、圧力の変化率・変化量のこと。気象学においては、鉛直および水平方向に離れた2地点間での気圧の変化率・変化量を指す。気圧勾配、傾圧度、傾圧とも言う。また、鉛直方向の気圧勾配を特に気圧減率という。一般的に、1kmあたりの圧力の変化量を基準とし、パスカル毎キロメートル(Pa/km)で表されるが、Pa/mやhPa/kmなども用いられる。
rdfs:label
  • 圧力勾配
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of