Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土門 拳(どもん けん、1909年(明治42年)10月25日 - 1990年(平成2年)9月15日)は昭和時代に活躍した日本の写真家である。リアリズムに立脚する報道写真、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされる。また、日本の写真界で屈指の名文家としても知られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 17547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58762542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
  • --12-27
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1990年没
prop-ja:他の活動
prop-ja:作品
  • 『古寺巡礼』
prop-ja:使用カメラ
  • [[#使用した機材]]参照
prop-ja:出身地
  • 山形県飽海郡酒田町(現・酒田市)
prop-ja:名前
  • 土門 拳
prop-ja:最終学歴
  • (現・神奈川県立横浜翠嵐高等学校)
  • (旧制)神奈川県立第二中学校
prop-ja:没年月日
  • 1990-09-15 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1909-10-25 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土門 拳(どもん けん、1909年(明治42年)10月25日 - 1990年(平成2年)9月15日)は昭和時代に活躍した日本の写真家である。リアリズムに立脚する報道写真、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされる。また、日本の写真界で屈指の名文家としても知られた。
rdfs:label
  • 土門拳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of