Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土部(どぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では32番目に置かれる(3画の3番目)。土の字は土や大地を意味する。『説文解字』では地中に象った「二」から物が生まれ出ることを「丨」で表した指事文字とするが、甲骨文字を見ると、大地を表す横画のうえに「◇」のような柱状の造形物がある形であり、積まれた土塊に象るか、「社」の本字で道祖神のような土地を守る神に象っているとされる。偏旁の意符としては土の種類・地形・境域・土器・建造物などに関わることを示す。土部はこのような意符を構成要素にもつ漢字および「土」の字形を筆画としてもつ漢字を収める。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 740835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50041333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土部(どぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では32番目に置かれる(3画の3番目)。土の字は土や大地を意味する。『説文解字』では地中に象った「二」から物が生まれ出ることを「丨」で表した指事文字とするが、甲骨文字を見ると、大地を表す横画のうえに「◇」のような柱状の造形物がある形であり、積まれた土塊に象るか、「社」の本字で道祖神のような土地を守る神に象っているとされる。偏旁の意符としては土の種類・地形・境域・土器・建造物などに関わることを示す。土部はこのような意符を構成要素にもつ漢字および「土」の字形を筆画としてもつ漢字を収める。
rdfs:label
  • 土部
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of