Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土瓶(どびん)は、陶磁器製の瓶であり、日本の伝統的な食器の一種。湯を沸かしたり、薬草を煎じたりする容器の一種。国際的には teapot (ティーポット)の一種と認識されている。陶器製の物には直接火に掛けられる物がある。磁器製の物は急須の代わりとして使う。急須に比べると容量が大きく、肉厚の物が多い。基本的な形状は湯(水)を溜める胴部に注ぎ口が付いており、その胴の肩の両側に耳をつけ、両耳の間に蔓(つる)を掛け渡し、持ち手とする。持ち手は胴部と一体になった陶磁器製のこともあるが、熱を伝えにくい別材(竹材や藤材)が付いていることが多い。蒸し料理の土瓶蒸し(どびんむし)にも用いられる。高温の土瓶を台に置く際には、断熱効果のある土瓶敷き(どびんしき)が用いられることがある。かつては欠かせない生活用具の一つとして平均的家庭に必須の食器であったが、現代における金属製(特にアルミ製やステンレス製)のやかんの普及や、昭和末期から平成時代にかけての魔法瓶や電気ポット、ペットボトル入りの茶製品の普及によって、土瓶の需要は大幅に減じた。しかし、急須と同じ用途や先述の土瓶蒸しの容器として用いられることについては、昔と今でそれほど変化は無い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 899687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58150112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土瓶(どびん)は、陶磁器製の瓶であり、日本の伝統的な食器の一種。湯を沸かしたり、薬草を煎じたりする容器の一種。国際的には teapot (ティーポット)の一種と認識されている。陶器製の物には直接火に掛けられる物がある。磁器製の物は急須の代わりとして使う。急須に比べると容量が大きく、肉厚の物が多い。基本的な形状は湯(水)を溜める胴部に注ぎ口が付いており、その胴の肩の両側に耳をつけ、両耳の間に蔓(つる)を掛け渡し、持ち手とする。持ち手は胴部と一体になった陶磁器製のこともあるが、熱を伝えにくい別材(竹材や藤材)が付いていることが多い。蒸し料理の土瓶蒸し(どびんむし)にも用いられる。高温の土瓶を台に置く際には、断熱効果のある土瓶敷き(どびんしき)が用いられることがある。かつては欠かせない生活用具の一つとして平均的家庭に必須の食器であったが、現代における金属製(特にアルミ製やステンレス製)のやかんの普及や、昭和末期から平成時代にかけての魔法瓶や電気ポット、ペットボトル入りの茶製品の普及によって、土瓶の需要は大幅に減じた。しかし、急須と同じ用途や先述の土瓶蒸しの容器として用いられることについては、昔と今でそれほど変化は無い。
rdfs:label
  • 土瓶
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of