土星(どせい、ラテン語: Saturnus、英語: Saturn、ギリシア語: Κρόνος)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種と分類されている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。

Property Value
dbo:abstract
  • 土星(どせい、ラテン語: Saturnus、英語: Saturn、ギリシア語: Κρόνος)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種と分類されている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 土星は恒常的な環を持ち、9つが主要なリング状、3つが不定的な円弧である。これらはほとんどが氷の小片であり、岩石のデブリや宇宙塵も含まれる。知られている限り82個の衛星を持ち、うち53個には固有名詞がついている。これにはリングの中に存在する何百という小衛星(ムーンレット)は含まれない。タイタンは土星最大で太陽系全体でも2番目に大きな衛星であり、水星よりも大きく、衛星としては太陽系でただひとつ有意な大気を纏っている。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。 (ja)
  • 土星(どせい、ラテン語: Saturnus、英語: Saturn、ギリシア語: Κρόνος)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種と分類されている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 土星は恒常的な環を持ち、9つが主要なリング状、3つが不定的な円弧である。これらはほとんどが氷の小片であり、岩石のデブリや宇宙塵も含まれる。知られている限り82個の衛星を持ち、うち53個には固有名詞がついている。これにはリングの中に存在する何百という小衛星(ムーンレット)は含まれない。タイタンは土星最大で太陽系全体でも2番目に大きな衛星であり、水星よりも大きく、衛星としては太陽系でただひとつ有意な大気を纏っている。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。 (ja)
dbo:colour
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3968 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 71414 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81461595 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 探査機カッシーニが2007年に撮影した土星の環。太陽系の中で、最も大きく目を引く惑星の環である。 (ja)
  • 土星の環の紫外線画像 (ja)
  • 探査機カッシーニが2007年に撮影した土星の環。太陽系の中で、最も大きく目を引く惑星の環である。 (ja)
  • 土星の環の紫外線画像 (ja)
prop-ja:commons
  • Saturn_ (ja)
  • Saturn_ (ja)
prop-ja:commonscat
  • Saturn_ (ja)
  • Saturn_ (ja)
prop-ja:d
  • Q193 (ja)
  • Q193 (ja)
prop-ja:direction
  • vertical (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:image
  • Saturn from Cassini Orbiter .jpg (ja)
  • Saturn's A Ring From the Inside Out.jpg (ja)
  • Saturn from Cassini Orbiter .jpg (ja)
  • Saturn's A Ring From the Inside Out.jpg (ja)
prop-ja:width
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.470000 (xsd:double)
prop-ja:主恒星
prop-ja:仮符号・別名
  • 鎮星、填星 (ja)
  • 鎮星、填星 (ja)
prop-ja:会合周期
  • 378.090000 (xsd:double)
prop-ja:元期
  • --01-01
prop-ja:公転周期
  • 29.532160 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • 土星25px (ja)
  • 土星25px (ja)
prop-ja:大気圧
  • 140.0
prop-ja:平均公転半径
  • 1.4267254E9
prop-ja:平均密度
  • 0.7
prop-ja:平均表面温度
  • 143.0
prop-ja:平均距離
  • 9.554910 (xsd:double)
prop-ja:平均距離対象
prop-ja:平均軌道速度
  • 9.6724
prop-ja:平均近点角
  • 147.941600 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 113.735700 (xsd:double)
prop-ja:最大表面温度
prop-ja:最小表面温度
  • 82.0
prop-ja:画像ファイル
  • Saturn PIA06077.jpg (ja)
  • Saturn PIA06077.jpg (ja)
prop-ja:画像背景色
  • #000000 (ja)
  • #000000 (ja)
prop-ja:画像説明
prop-ja:発見方法
  • 目視 (ja)
  • 目視 (ja)
prop-ja:相対対象
  • 地球 (ja)
  • 地球 (ja)
prop-ja:相対質量
  • 95.162000 (xsd:double)
prop-ja:脱出速度
  • 35.49
prop-ja:自転周期
  • 10 (xsd:integer)
  • ((極)) (ja)
  • ((赤道面)) (ja)
prop-ja:
  • 木星型惑星 (ja)
  • 木星型惑星 (ja)
prop-ja:英名
  • Saturn (ja)
  • Saturn (ja)
prop-ja:衛星数
  • 82 (xsd:integer)
prop-ja:表面温度
  • 93 (xsd:integer)
prop-ja:表面積
  • 4.38
prop-ja:表面重力
  • 8.960000 (xsd:double)
prop-ja:質量
  • 5.688
prop-ja:赤道傾斜角
  • 25.330000 (xsd:double)
prop-ja:赤道直径
  • 120536.0
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 2.488600 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 93.214300 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 9.021000 (xsd:double)
prop-ja:遠日点距離
  • 10.054000 (xsd:double)
prop-ja:離心率
  • 0.055520 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 土星(どせい、ラテン語: Saturnus、英語: Saturn、ギリシア語: Κρόνος)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種と分類されている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。 (ja)
  • 土星(どせい、ラテン語: Saturnus、英語: Saturn、ギリシア語: Κρόνος)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種と分類されている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。 (ja)
rdfs:label
  • 土星 (ja)
  • 土星 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:主惑星 of
is prop-ja:平均距離対象 of
is prop-ja:目的 of
is prop-ja:観測対象 of
is foaf:primaryTopic of