Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土師 清二(はじ せいじ、1893年9月14日 - 1977年2月4日)は、日本の小説家。岡山県邑久郡国府村(現在の瀬戸内市)生まれ。本名・赤松静太。独学ののち職業を転々とし、大阪朝日新聞社に勤務。1922年『旬刊朝日』(のちの『週刊朝日』)創刊を提案し、編集に当たるが、1923年「水野十郎左衛門」を連載、以後時代小説作家として活躍、長谷川伸の新鷹会に協力し新進作家の育成に当たった。代表作は『砂絵呪縛(すなえしばり)』。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2073877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56038867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土師 清二(はじ せいじ、1893年9月14日 - 1977年2月4日)は、日本の小説家。岡山県邑久郡国府村(現在の瀬戸内市)生まれ。本名・赤松静太。独学ののち職業を転々とし、大阪朝日新聞社に勤務。1922年『旬刊朝日』(のちの『週刊朝日』)創刊を提案し、編集に当たるが、1923年「水野十郎左衛門」を連載、以後時代小説作家として活躍、長谷川伸の新鷹会に協力し新進作家の育成に当たった。代表作は『砂絵呪縛(すなえしばり)』。
rdfs:label
  • 土師清二
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of