Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土岐 朝旨(とき ともむね、安永2年(1773年) - 天保9年6月21日(1838年8月10日))は江戸時代後期の旗本。官位は従五位下肥前守、豊前守。通称は金三郎。字(あざな)は承之。号は愚叟(ぐそう)。江戸崎土岐氏の一族。土岐朝貞の3男で、深津定種の養子である深津盛徳の3男。母は水野守鑑の娘。正室は小長谷時懋の娘。子に朝昌、頼旨、娘(松平信敏室・松平信璋母)、娘(遠山景纂室)などがいる。天明5年(1785年)に土岐朝堯の末期養子となり、翌天明6年(1786年)3月6日に遺跡を継承する。寛政6年(1794年)8月26日に小納戸へ入り、9月10日に小姓となり、寛政9年(1797年)2月27日に西丸小姓となり11代将軍徳川家斉の世子徳川家慶に仕えた。享和2年(1802年)4月に西丸小姓頭取、文化11年(1814年)12月1日に小姓組番頭格、御側御用取次見習となり、文化14年(1817年)6月1日に御側御用取次となり1400石を加増された。以後も加増が続き、最終的に家禄は7000石となった。天保8年(1837年)4月2日に大御所となった家斉の御用も務め、翌天保9年(1838年)6月21日に死去。享年66。家督は子の朝昌が相続した。 著作に『善事須修(ぜんじしゅしゅう)』・『武家必用童形用心大略』・『幼童教諭本具三郎宝』など。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2388088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1937 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 41774976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土岐 朝旨(とき ともむね、安永2年(1773年) - 天保9年6月21日(1838年8月10日))は江戸時代後期の旗本。官位は従五位下肥前守、豊前守。通称は金三郎。字(あざな)は承之。号は愚叟(ぐそう)。江戸崎土岐氏の一族。土岐朝貞の3男で、深津定種の養子である深津盛徳の3男。母は水野守鑑の娘。正室は小長谷時懋の娘。子に朝昌、頼旨、娘(松平信敏室・松平信璋母)、娘(遠山景纂室)などがいる。天明5年(1785年)に土岐朝堯の末期養子となり、翌天明6年(1786年)3月6日に遺跡を継承する。寛政6年(1794年)8月26日に小納戸へ入り、9月10日に小姓となり、寛政9年(1797年)2月27日に西丸小姓となり11代将軍徳川家斉の世子徳川家慶に仕えた。享和2年(1802年)4月に西丸小姓頭取、文化11年(1814年)12月1日に小姓組番頭格、御側御用取次見習となり、文化14年(1817年)6月1日に御側御用取次となり1400石を加増された。以後も加増が続き、最終的に家禄は7000石となった。天保8年(1837年)4月2日に大御所となった家斉の御用も務め、翌天保9年(1838年)6月21日に死去。享年66。家督は子の朝昌が相続した。 著作に『善事須修(ぜんじしゅしゅう)』・『武家必用童形用心大略』・『幼童教諭本具三郎宝』など。
rdfs:label
  • 土岐朝旨
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of