Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土客械闘とは客家と本地人との対立を指す。広東省・広西省・福建省・江西省・湖南省・台湾などで発生した。類似の対立構造は明朝中期から見受けられるが、衝突の大部分は清末に発生した。客家人は沿岸後背地の山岳部から新たに進出してきた移住民であり、本地人は土着の方言を話す漢民族やチワン族などの少数民族である。戦闘の原因は本地人からみると、客家の人口増によって彼らの土地が浸食されたことである。一方、客家側には地域社会から疎外され、険しい土地で耕作せざるを得ないことへの怒りがあった。特に最大規模だったのは清末の1855年から1867年にかけて広東省で発生した械闘である。特に激しかったのは珠江デルタ周辺にある五邑の台山であった。民国期の客家研究の第一人者であった羅香林によると、その戦闘の死者と難民は百万人にのぼったとされる。以下、この大械闘を中心に述べる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1151983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58343798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土客械闘とは客家と本地人との対立を指す。広東省・広西省・福建省・江西省・湖南省・台湾などで発生した。類似の対立構造は明朝中期から見受けられるが、衝突の大部分は清末に発生した。客家人は沿岸後背地の山岳部から新たに進出してきた移住民であり、本地人は土着の方言を話す漢民族やチワン族などの少数民族である。戦闘の原因は本地人からみると、客家の人口増によって彼らの土地が浸食されたことである。一方、客家側には地域社会から疎外され、険しい土地で耕作せざるを得ないことへの怒りがあった。特に最大規模だったのは清末の1855年から1867年にかけて広東省で発生した械闘である。特に激しかったのは珠江デルタ周辺にある五邑の台山であった。民国期の客家研究の第一人者であった羅香林によると、その戦闘の死者と難民は百万人にのぼったとされる。以下、この大械闘を中心に述べる。
rdfs:label
  • 土客械闘
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of