Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 土光杯全日本学生弁論大会(どこうはいぜんにほんがくせいべんろんたいかい)は、政治・行政改革のキャンペーンのために、フジサンケイグループが1985年(昭和60年)に創設した、国内最高峰の弁論大会。第二次臨時行政調査会会長を務めた土光敏夫の「行革の実行には若い力が必要」との呼びかけをもとに制定された。応募資格は大学・短大・大学院および専修学校の学生。論文(2000字以内)による第1次審査があり、例年、「活力ある豊かな日本を築くために」ふさわしいテーマが選ばれる。論文審査の合格者が出場する弁論大会は、例年1月に東京・大手町の東京サンケイビルで行われ、入賞として、最優秀者1人に「土光杯」と「日本航空賞」(ヨーロッパ往復航空券)を、優秀者3人に「産経新聞社杯」「フジテレビ杯」「ニッポン放送杯」と、「日本航空賞」(アメリカ西海岸往復航空券)を贈る。後援は日本航空。過去の受賞者玄葉光一郎‐第2回大会ニッポン放送杯濱口和久‐第9回大会産経新聞社杯野々部尚昭‐第10回大会ニッポン放送杯
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1677940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52005214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 土光杯全日本学生弁論大会(どこうはいぜんにほんがくせいべんろんたいかい)は、政治・行政改革のキャンペーンのために、フジサンケイグループが1985年(昭和60年)に創設した、国内最高峰の弁論大会。第二次臨時行政調査会会長を務めた土光敏夫の「行革の実行には若い力が必要」との呼びかけをもとに制定された。応募資格は大学・短大・大学院および専修学校の学生。論文(2000字以内)による第1次審査があり、例年、「活力ある豊かな日本を築くために」ふさわしいテーマが選ばれる。論文審査の合格者が出場する弁論大会は、例年1月に東京・大手町の東京サンケイビルで行われ、入賞として、最優秀者1人に「土光杯」と「日本航空賞」(ヨーロッパ往復航空券)を、優秀者3人に「産経新聞社杯」「フジテレビ杯」「ニッポン放送杯」と、「日本航空賞」(アメリカ西海岸往復航空券)を贈る。後援は日本航空。過去の受賞者玄葉光一郎‐第2回大会ニッポン放送杯濱口和久‐第9回大会産経新聞社杯野々部尚昭‐第10回大会ニッポン放送杯
rdfs:label
  • 土光杯全日本学生弁論大会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of