Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 圓徳院(えんとくいん、常用漢字体:円徳院)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派・高台寺の塔頭のひとつ。本尊は釈迦如来。開山は三江紹益。豊臣秀吉の正室・北政所(高台院)が晩年の19年間に自身の本拠地としたことで知られるほか、一説にはその終焉の地ともいう。安置されている三面大黒天は秀吉の念持仏と伝わるもの。また小堀遠州が整えた北庭は、旧円徳院庭園(きゅう えんとくいん ていえん)として国の名勝に指定されているほか、長谷川等伯の筆による襖32面の墨画は国の重要文化財に指定されている。
dbpedia-owl:address
  • 京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町530
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1285963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57853258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:text
  • この記事の項目名は分野により以下のような表記揺れがあります。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:創建年
  • 慶長10年(1605年)
prop-ja:名称
  • 圓徳院
prop-ja:宗派
prop-ja:所在地
  • 京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町530
prop-ja:文化財
  • 北庭(小堀遠州 整庭)- 名勝
  • 襖絵(長谷川等伯 筆)- 重要文化財
prop-ja:本尊
prop-ja:画像
  • 260 (xsd:integer)
  • 北庭
prop-ja:表記
  • 圓徳院((新旧字体混用、高台寺が使用))
  • 円徳院((新字体、文化庁が使用))
  • 圓德院((旧字体、歴史的表記))
prop-ja:開基
dcterms:subject
georss:point
  • 35.00058333333333 135.7793888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • 圓徳院(えんとくいん、常用漢字体:円徳院)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派・高台寺の塔頭のひとつ。本尊は釈迦如来。開山は三江紹益。豊臣秀吉の正室・北政所(高台院)が晩年の19年間に自身の本拠地としたことで知られるほか、一説にはその終焉の地ともいう。安置されている三面大黒天は秀吉の念持仏と伝わるもの。また小堀遠州が整えた北庭は、旧円徳院庭園(きゅう えんとくいん ていえん)として国の名勝に指定されているほか、長谷川等伯の筆による襖32面の墨画は国の重要文化財に指定されている。
rdfs:label
  • 圓徳院
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.000584 (xsd:float)
geo:long
  • 135.779388 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:img
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 圓徳院
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of