Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国際連合加盟国(こくさいれんごうかめいこく)は、2014年現在193か国である。原則として国際連合に加盟できるのは主権を持った国家だけである。国連憲章第2章第4条によると、「国際連合加盟国となることの承認は、安全保障理事会の勧告に基いて総会の決定によって行われる。」と定められている。国際連合安全保障理事会と国際連合総会の承認が得られなければ加盟できないために主権を持っている国であっても国際的に認知がなされていなかったり、特定の加盟国からの反対があると加盟できない。現在のところすべての加盟国が主権国家である。しかし、設立当初からの加盟国であるインド、フィリピン、ベラルーシ、ウクライナ、シリアの5か国については国際連合の設立当初は独立した国家ではなかった。政府間組織や非政府組織、正式に認定されていないが確かな主権を有する実体はオブザーバーとして演説を行うことはできるが投票権はない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 607160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59167111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国際連合加盟国(こくさいれんごうかめいこく)は、2014年現在193か国である。原則として国際連合に加盟できるのは主権を持った国家だけである。国連憲章第2章第4条によると、「国際連合加盟国となることの承認は、安全保障理事会の勧告に基いて総会の決定によって行われる。」と定められている。国際連合安全保障理事会と国際連合総会の承認が得られなければ加盟できないために主権を持っている国であっても国際的に認知がなされていなかったり、特定の加盟国からの反対があると加盟できない。現在のところすべての加盟国が主権国家である。しかし、設立当初からの加盟国であるインド、フィリピン、ベラルーシ、ウクライナ、シリアの5か国については国際連合の設立当初は独立した国家ではなかった。政府間組織や非政府組織、正式に認定されていないが確かな主権を有する実体はオブザーバーとして演説を行うことはできるが投票権はない。
rdfs:label
  • 国際連合加盟国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:observedby of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of