Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国際連合暫定統治領コソボ国際連合暫定統治領コソボの位置決議1244で規定されたコソボの範囲国際連合コソボ暫定行政ミッション(英語:United Nations Interim Administration Mission in Kosovo; UNMIK)は、国際連合によるコソボの暫定統治を行う文民機構である。1999年6月10日に国際連合安全保障理事会の決議1244号に基づいて創設された。2008年2月17日にコソボ議会は独立宣言を満場一致で採択した。しかし、国連安全保障理事会決議1244号は依然有効であり、コソボ統治の最高責任者は依然国際連合事務総長コソボ特別代表である。2008年12月、欧州連合・法の支配ミッション(EULEX)がUNMIKの任務の大半を引き受け、法分野、特に警察、司法、関税の分野においてコソボの当局を支援する立場にある。コソボは長年にわたって、セルビア(以前はユーゴスラビア連邦共和国)の政府と地元で多数派を占めるアルバニア人の住民との間で政治的・領土的な問題となってきた。セルビアのコソボに対する領土的主張は国際社会の一部からは認められているものの、地域の大部分の住民と多数のヨーロッパ諸国はコソボの独立を求めている。UNMIKの首班は国際連合事務総長コソボ特別代表(UN Special Representative of the Secretary-General; SRSG)であり、国際連合事務総長によって国際連合加盟国の助言のもとで任命される。初代特別代表はベルナール・クシュネルであった。2008年6月、それまでのヨアキム・リュッカー(Joachim Rücker)に代わって、ランベルト・ツァニエル(Lamberto Zannier)が特別代表に就任した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1796258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24747 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59211624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • --02-16
prop-ja:位置画像
  • Map of Serbia .PNG
prop-ja:位置画像説明
prop-ja:元首等年代始
  • 1999 (xsd:integer)
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 2001 (xsd:integer)
  • 現職
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • コソボ共和国
  • コソボ・メトヒヤ自治州
prop-ja:先旗
  • Flag of Albania.svg
  • Flag_of_Serbia_1992-2004.svg
prop-ja:国旗画像
  • Flag of the United Nations.svg
prop-ja:国旗説明
  • 国際連合旗
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • --02-16
  • --02-17
  • --06-10
prop-ja:夏時間
prop-ja:建国時期
  • --06-10
prop-ja:日本語国名
  • 国際連合暫定統治領コソボ
prop-ja:時間帯
prop-ja:時間帯追記
  • CET / CEST
prop-ja:次代
  • コソボ
  • 欧州連合・法の支配ミッション
prop-ja:次旗
  • Flag of Kosovo.svg
  • Flag of Europe.svg
prop-ja:通貨
  • ユーロ(EUR)
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国際連合暫定統治領コソボ国際連合暫定統治領コソボの位置決議1244で規定されたコソボの範囲国際連合コソボ暫定行政ミッション(英語:United Nations Interim Administration Mission in Kosovo; UNMIK)は、国際連合によるコソボの暫定統治を行う文民機構である。1999年6月10日に国際連合安全保障理事会の決議1244号に基づいて創設された。2008年2月17日にコソボ議会は独立宣言を満場一致で採択した。しかし、国連安全保障理事会決議1244号は依然有効であり、コソボ統治の最高責任者は依然国際連合事務総長コソボ特別代表である。2008年12月、欧州連合・法の支配ミッション(EULEX)がUNMIKの任務の大半を引き受け、法分野、特に警察、司法、関税の分野においてコソボの当局を支援する立場にある。コソボは長年にわたって、セルビア(以前はユーゴスラビア連邦共和国)の政府と地元で多数派を占めるアルバニア人の住民との間で政治的・領土的な問題となってきた。セルビアのコソボに対する領土的主張は国際社会の一部からは認められているものの、地域の大部分の住民と多数のヨーロッパ諸国はコソボの独立を求めている。UNMIKの首班は国際連合事務総長コソボ特別代表(UN Special Representative of the Secretary-General; SRSG)であり、国際連合事務総長によって国際連合加盟国の助言のもとで任命される。初代特別代表はベルナール・クシュネルであった。2008年6月、それまでのヨアキム・リュッカー(Joachim Rücker)に代わって、ランベルト・ツァニエル(Lamberto Zannier)が特別代表に就任した。
rdfs:label
  • 国際連合コソボ暫定行政ミッション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:result of
is prop-ja:titlenote of
is prop-ja:変遷年月日 of
is foaf:primaryTopic of