Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国際大学(こくさいだいがく)は、コザ市(現在の沖縄市)にあった私立大学である。現在の沖縄国際大学の前身の大学である。1982年に新潟県南魚沼市に設置された私立大学の国際大学とは別個である。1962年に設立された。母体は琉球国際短期大学を運営していた「財団法人コザ学園」で、大学設立と同時に「財団法人国際学園」に改称し、同短大は国際大学短期大学部となった。1967年の私立学校法(1965年立法第111号)の施行に伴い「財団法人国際学園」を「学校法人国際学園」に改組した。1972年の復帰時に文部省の「大学設置基準」に満たなかったため、沖縄大学との統合が求められ、沖縄大学の一部を統合して新たに沖縄国際大学が設立された。当時、沖縄本島中部で唯一の大学で復帰までに約2500名が卒業した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 716466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50325907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国際大学(こくさいだいがく)は、コザ市(現在の沖縄市)にあった私立大学である。現在の沖縄国際大学の前身の大学である。1982年に新潟県南魚沼市に設置された私立大学の国際大学とは別個である。1962年に設立された。母体は琉球国際短期大学を運営していた「財団法人コザ学園」で、大学設立と同時に「財団法人国際学園」に改称し、同短大は国際大学短期大学部となった。1967年の私立学校法(1965年立法第111号)の施行に伴い「財団法人国際学園」を「学校法人国際学園」に改組した。1972年の復帰時に文部省の「大学設置基準」に満たなかったため、沖縄大学との統合が求められ、沖縄大学の一部を統合して新たに沖縄国際大学が設立された。当時、沖縄本島中部で唯一の大学で復帰までに約2500名が卒業した。
rdfs:label
  • 国際大学 (沖縄)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:school of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出身校 of
is foaf:primaryTopic of