Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国際哲学オリンピック(International Philosophy Olympiad,IPO)は1993年に6カ国を代表する6人の高校・大学の哲学教師が協力して始めた、高校生のための哲学エッセー・コンテストである。参加国が交替で会場を引き受け、毎年5月に実施する。各参加国は国内予選を経て、高校生二人を代表としてIPOに送ることができる(ホスト国に限り、10人の高校生を出場させることができる)。IPOは国際哲学協会連盟(Fédération Internationale des Sociétés de Philosophie, FISP)の後援を受け、ユネスコの協賛で開催する。代表として出場する高校生は、各国の委員会が提出する課題のうち、FISPが選んだ四つの課題から一題を選択して、制限時間4時間以内に、哲学エッセーを書く。使用する言語は、英語・ドイツ語・フランス語のうち、自分の母語以外のものを選ぶ。最近では代表の9割程度が英語でエッセーを書いている。エッセーは執筆者を伏せた匿名の状態で審査委員によって厳密に審査され、審査が終了した段階で各エッセーの執筆者が明らかとなり、金、銀、銅メダルの受賞者がきまる。2008年ルーマニア大会では、参加国数は23か国、出場した高校生数は53人であった。日本は2001年の第9回アメリカ大会以来毎年参加している。2002年の第10回日本大会は、日本のIPO組織委員会が主催者となり、東京の国際連合大学を会場として実施した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 781171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58681022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国際哲学オリンピック(International Philosophy Olympiad,IPO)は1993年に6カ国を代表する6人の高校・大学の哲学教師が協力して始めた、高校生のための哲学エッセー・コンテストである。参加国が交替で会場を引き受け、毎年5月に実施する。各参加国は国内予選を経て、高校生二人を代表としてIPOに送ることができる(ホスト国に限り、10人の高校生を出場させることができる)。IPOは国際哲学協会連盟(Fédération Internationale des Sociétés de Philosophie, FISP)の後援を受け、ユネスコの協賛で開催する。代表として出場する高校生は、各国の委員会が提出する課題のうち、FISPが選んだ四つの課題から一題を選択して、制限時間4時間以内に、哲学エッセーを書く。使用する言語は、英語・ドイツ語・フランス語のうち、自分の母語以外のものを選ぶ。最近では代表の9割程度が英語でエッセーを書いている。エッセーは執筆者を伏せた匿名の状態で審査委員によって厳密に審査され、審査が終了した段階で各エッセーの執筆者が明らかとなり、金、銀、銅メダルの受賞者がきまる。2008年ルーマニア大会では、参加国数は23か国、出場した高校生数は53人であった。日本は2001年の第9回アメリカ大会以来毎年参加している。2002年の第10回日本大会は、日本のIPO組織委員会が主催者となり、東京の国際連合大学を会場として実施した。
rdfs:label
  • 国際哲学オリンピック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of