Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国際テニス殿堂(こくさいテニスでんどう、International Tennis Hall of Fame)は、テニスの歴史に名前を残した選手たちを記念するため、1954年にアメリカ・ロードアイランド州ニューポートに設立された、世界最大のテニス博物館である。設立者はニューポート出身の元テニス選手、ジェームズ・バン・アレン(James Van Alen, タイブレークの考案者としても知られる)である。国際テニス殿堂の博物館は、ニューポート市に残る19世紀の社交クラブの建物「ニューポート・カジノ」に入居しており、7000点を超える名物品が展示され、長いテニスの歴史に触れることができる。殿堂内では、年間を通じて数々のイベントも催される。殿堂入り選手のことを、英語の“Enshrinee”という語で呼ぶことからも分かるように、彼らはテニスの歴史に名前を刻んだ選手として、永遠に記憶されるべき人たちとして位置づけられている。第1回の国際テニス殿堂入り式典は1955年に行われ、第1回全米選手権の男子シングルス優勝者リチャード・シアーズを含む7名の選手が殿堂入りした。各年度の殿堂入り選手の選考にあたり、その時点ですでに物故した選手も含めてきた。例えばスザンヌ・ランランは、没後40年の1978年に殿堂入りしている。毎年の殿堂入り選手は、最近では3月頃に決定され、殿堂入り式典は7月のウィンブルドン選手権終了直後に開かれることが多い。殿堂入りは「選手(Player)」のカテゴリーと「貢献した人物(Contributor)」のカテゴリーがあり、後者の例としてスウェーデン国王グスタフ5世が国内初のテニスクラブを設立した功績で殿堂入りしている。2010年にはブラッド・パークスが車いすテニス選手として初めて殿堂入りを果たした。1960~70年代にダブルスで活躍したボブ・ヒューイットは1992年に殿堂入りしたが、かつてコーチした教え子の女性に対する性的虐待疑惑が発覚し2012年にリストから除外された。公式サイトでは「殿堂入り年代順」「アルファベット順」「国別」などで選手を探すことができる。サイト内の選手評伝は、バド・コリンズ執筆による「テニス百科事典」をもとにまとめられたものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 406224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56162782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国際テニス殿堂(こくさいテニスでんどう、International Tennis Hall of Fame)は、テニスの歴史に名前を残した選手たちを記念するため、1954年にアメリカ・ロードアイランド州ニューポートに設立された、世界最大のテニス博物館である。設立者はニューポート出身の元テニス選手、ジェームズ・バン・アレン(James Van Alen, タイブレークの考案者としても知られる)である。国際テニス殿堂の博物館は、ニューポート市に残る19世紀の社交クラブの建物「ニューポート・カジノ」に入居しており、7000点を超える名物品が展示され、長いテニスの歴史に触れることができる。殿堂内では、年間を通じて数々のイベントも催される。殿堂入り選手のことを、英語の“Enshrinee”という語で呼ぶことからも分かるように、彼らはテニスの歴史に名前を刻んだ選手として、永遠に記憶されるべき人たちとして位置づけられている。第1回の国際テニス殿堂入り式典は1955年に行われ、第1回全米選手権の男子シングルス優勝者リチャード・シアーズを含む7名の選手が殿堂入りした。各年度の殿堂入り選手の選考にあたり、その時点ですでに物故した選手も含めてきた。例えばスザンヌ・ランランは、没後40年の1978年に殿堂入りしている。毎年の殿堂入り選手は、最近では3月頃に決定され、殿堂入り式典は7月のウィンブルドン選手権終了直後に開かれることが多い。殿堂入りは「選手(Player)」のカテゴリーと「貢献した人物(Contributor)」のカテゴリーがあり、後者の例としてスウェーデン国王グスタフ5世が国内初のテニスクラブを設立した功績で殿堂入りしている。2010年にはブラッド・パークスが車いすテニス選手として初めて殿堂入りを果たした。1960~70年代にダブルスで活躍したボブ・ヒューイットは1992年に殿堂入りしたが、かつてコーチした教え子の女性に対する性的虐待疑惑が発覚し2012年にリストから除外された。公式サイトでは「殿堂入り年代順」「アルファベット順」「国別」などで選手を探すことができる。サイト内の選手評伝は、バド・コリンズ執筆による「テニス百科事典」をもとにまとめられたものである。
rdfs:label
  • 国際テニス殿堂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:venue of
is foaf:primaryTopic of