Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国鉄185系電車(こくてつ185けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1981年に運用を開始した特急形直流電車である。国鉄で最後に製造した優等列車用電車車両でもある。特急形車両でありながら通勤通学輸送にも対応させるという、それまでの国鉄にはなかった新しい試みのもとに設計・製造されたことが特徴で、東海道本線で普通列車と急行列車に使用されていた153系電車の置き換えのために登場した車両である。1982年には高崎線などで使用されていた165系電車を置き換えるために、耐寒耐雪装備や横軽対策を施した車両が増備され、1982年までに合計227両が製造された。1987年の分割民営化時には全車両が東日本旅客鉄道(JR東日本)に承継され、1995年から2002年にかけて全車両が車内外のリニューアルを施され、特急列車や湘南ライナー等を中心に運用されていたが、2014年以降は編成単位で淘汰が開始されている。本項では以下、東海道本線については「東海道線」と表記する。また、文中で使用する編成記号については編成表を参照。
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1542107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 61643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59250923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:group
  • "注"
prop-ja:name
  • 3.0
  • 4.0
  • 5.0
  • "サロ固定窓OM"
prop-ja:pxl
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:unit
  • self
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主電動機
  • MT54D
  • (直巻整流子電動機)
prop-ja:主電動機出力
  • 120.0
prop-ja:保安装置
prop-ja:全幅
  • 2946.0
prop-ja:全長
  • 20000 (xsd:integer)
  • 20280 (xsd:integer)
prop-ja:全高
  • 4066 (xsd:integer)
  • 4140 (xsd:integer)
prop-ja:制動方式
prop-ja:制御装置
  • CS43A
  • (電動カム軸接触器式・抵抗制御・直並列組合せ・弱め界磁制御)
prop-ja:台車
prop-ja:営業最高速度
  • 110.0
prop-ja:定格引張力
  • 6690.0
prop-ja:定格速度
  • 52.5
prop-ja:搭載数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Jnr 185 A8-C1-Odoriko 20130721.jpg
prop-ja:画像説明
  • 185 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
  • 田町車両センターC1+A8編成 リバイバルストライプ塗装
prop-ja:社色
  • #000000
prop-ja:編成
  • 5 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:車両名
  • 国鉄185系特急形直流電車
prop-ja:車両定員
  • [[#編成表
prop-ja:車両質量
  • [[#編成表
prop-ja:車体幅
  • 2900.0
prop-ja:車体材質
prop-ja:車体長
  • 19500 (xsd:integer)
  • 19850 (xsd:integer)
prop-ja:車体高
  • 3650 (xsd:integer)
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500V
  • (架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 国鉄185系電車(こくてつ185けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1981年に運用を開始した特急形直流電車である。国鉄で最後に製造した優等列車用電車車両でもある。特急形車両でありながら通勤通学輸送にも対応させるという、それまでの国鉄にはなかった新しい試みのもとに設計・製造されたことが特徴で、東海道本線で普通列車と急行列車に使用されていた153系電車の置き換えのために登場した車両である。1982年には高崎線などで使用されていた165系電車を置き換えるために、耐寒耐雪装備や横軽対策を施した車両が増備され、1982年までに合計227両が製造された。1987年の分割民営化時には全車両が東日本旅客鉄道(JR東日本)に承継され、1995年から2002年にかけて全車両が車内外のリニューアルを施され、特急列車や湘南ライナー等を中心に運用されていたが、2014年以降は編成単位で淘汰が開始されている。本項では以下、東海道本線については「東海道線」と表記する。また、文中で使用する編成記号については編成表を参照。
rdfs:label
  • 国鉄185系電車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 国鉄185系特急形直流電車
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of