Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国道407号(こくどう407ごう)は、栃木県足利市から埼玉県入間市に至る一般国道である。埼玉県のほぼ中央部を南北に縦貫し混雑が激しいこの道は、関東平野の西端を走っている事もあり、国道129号や国道16号と組み合わせ、神奈川県西部や多摩地域から埼玉県西部、群馬県方面に向かうルートとして利用されている。沿線からは数字を取って「ヨンマルナナ」と呼ばれているほか、地域によっては八王子街道、日光街道などとも呼ばれている。また、起点である栃木県足利市から群馬県境までは約200m程度しかないため、栃木県内の国道としては距離が一番短い。
dbpedia-owl:city
dbpedia-owl:routeEnd
dbpedia-owl:routeStart
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 67983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58641684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cities
  • 埼玉県熊谷市、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、狭山市
  • 栃木県太田市
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:endingTerminus
  • 埼玉県入間市
  • 君河原町交差点()
prop-ja:established
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:highwayName
  • 国道407号
prop-ja:junction
prop-ja:offshoreLength
  • 指定なし
prop-ja:onshoreLength
  • 57.8
prop-ja:startingTerminus
  • 南大町交差点()
  • 栃木県足利市
prop-ja:system
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 道国407
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 国道407号(こくどう407ごう)は、栃木県足利市から埼玉県入間市に至る一般国道である。埼玉県のほぼ中央部を南北に縦貫し混雑が激しいこの道は、関東平野の西端を走っている事もあり、国道129号や国道16号と組み合わせ、神奈川県西部や多摩地域から埼玉県西部、群馬県方面に向かうルートとして利用されている。沿線からは数字を取って「ヨンマルナナ」と呼ばれているほか、地域によっては八王子街道、日光街道などとも呼ばれている。また、起点である栃木県足利市から群馬県境までは約200m程度しかないため、栃木県内の国道としては距離が一番短い。
rdfs:label
  • 国道407号
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 国道407号
is dbpedia-owl:routeJunction of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:道路名 of
is foaf:primaryTopic of