Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国粋主義(こくすいしゅぎ, 英: Japanese nationalism)とは、国家主義の極端な一形態で、日本では志賀重昂が1888年に雑誌『日本人』で論文「国粋保存旨義」を発表して以来、用語として一般化した。明治維新に始まる極端な西欧文化の流入による近代化に警笛をならし、明治政府の政策を欧化主義として非難したもので、日本人の本来の文化や歴史、その長所を重視することを主張している。すなわち、万世一系の天皇をいただく日本の国家体制を賛美し、その優越性と長久性を強調する国体論が主体となっている。日本以外の一般論としての国粋主義は、ある国家に固有の文化・伝統を礼賛して愛国心や愛郷心で意識の発揚をはかり、それ以外を排他しようとする、極端な思想や過激な運動のことで、一般的には極右思想の一つに位置づけられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 92567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58644362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国粋主義(こくすいしゅぎ, 英: Japanese nationalism)とは、国家主義の極端な一形態で、日本では志賀重昂が1888年に雑誌『日本人』で論文「国粋保存旨義」を発表して以来、用語として一般化した。明治維新に始まる極端な西欧文化の流入による近代化に警笛をならし、明治政府の政策を欧化主義として非難したもので、日本人の本来の文化や歴史、その長所を重視することを主張している。すなわち、万世一系の天皇をいただく日本の国家体制を賛美し、その優越性と長久性を強調する国体論が主体となっている。日本以外の一般論としての国粋主義は、ある国家に固有の文化・伝統を礼賛して愛国心や愛郷心で意識の発揚をはかり、それ以外を排他しようとする、極端な思想や過激な運動のことで、一般的には極右思想の一つに位置づけられる。
rdfs:label
  • 国粋主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ideology of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is prop-ja:目的 of
is prop-ja:範囲 of
is foaf:primaryTopic of