Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 独立行政法人国立病院機構東京医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうとうきょういりょうセンター)は、東京都目黒区東が丘にある医療機関。独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立東京第二病院、国立病院東京医療センター。政策医療分野における感覚器疾患の高度専門医療施設(準ナショナルセンター)、がんの基幹医療施設、循環器病、精神疾患、成育医療、免疫異常、腎疾患、内分泌・代謝性疾患、血液・造血器疾患の専門医療施設であり、高度総合医療施設に位置づけられている。地域医療支援病院の承認を受ける。旧称「国立東京第二病院」は、新宿区にある独立行政法人国立国際医療研究センターの旧称「国立東京第一病院」に対するものだが、本病院は海軍軍医学校第二付属病院を起源の1つとしており、陸軍由来の国際医療研究センターとは歴史的にも別組織である。慶應義塾大学病院の関連病院に含まれている。現在の病院長は慶應義塾大学関連病院会の会長である。国立病院機構の感覚器疾患研究の総本山であり、国立病院機構で唯一、視力矯正手術(レーシック)を行っている [1]。
dbpedia-owl:bedCount
  • 50 (xsd:integer)
  • 730 (xsd:integer)
  • 780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:location
dbpedia-owl:openingYear
  • 1884-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:postalCode
  • 152-8902
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 587668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58026902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:一般病床数
  • 730 (xsd:integer)
prop-ja:二次医療圏
  • 区西南部
prop-ja:前身
  • 国立東京第二病院
prop-ja:名称
  • 国立病院機構東京医療センター
prop-ja:所在地
  • 東京都目黒区東が丘二丁目5番1号
prop-ja:所在地郵便番号
  • 152 (xsd:integer)
prop-ja:標榜診療科
  • 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科
prop-ja:正式名称
  • 独立行政法人国立病院機構東京医療センター
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:病院機能評価
  • 一般500床以上:Ver6.0
prop-ja:管理者
  • 武田純三(院長)
prop-ja:精神病床数
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:英語名称
  • National Hospital Organization Tokyo Medical Center
prop-ja:許可病床数
  • 780 (xsd:integer)
prop-ja:開設年月日
  • 1884 (xsd:integer)
prop-ja:開設者
  • 独立行政法人国立病院機構
dcterms:subject
georss:point
  • 35.62611111111111 139.66666666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • 独立行政法人国立病院機構東京医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうとうきょういりょうセンター)は、東京都目黒区東が丘にある医療機関。独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立東京第二病院、国立病院東京医療センター。政策医療分野における感覚器疾患の高度専門医療施設(準ナショナルセンター)、がんの基幹医療施設、循環器病、精神疾患、成育医療、免疫異常、腎疾患、内分泌・代謝性疾患、血液・造血器疾患の専門医療施設であり、高度総合医療施設に位置づけられている。地域医療支援病院の承認を受ける。旧称「国立東京第二病院」は、新宿区にある独立行政法人国立国際医療研究センターの旧称「国立東京第一病院」に対するものだが、本病院は海軍軍医学校第二付属病院を起源の1つとしており、陸軍由来の国際医療研究センターとは歴史的にも別組織である。慶應義塾大学病院の関連病院に含まれている。現在の病院長は慶應義塾大学関連病院会の会長である。国立病院機構の感覚器疾患研究の総本山であり、国立病院機構で唯一、視力矯正手術(レーシック)を行っている [1]。
rdfs:label
  • 国立病院機構東京医療センター
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.626110 (xsd:float)
geo:long
  • 139.666672 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • National Hospital Organization Tokyo Medical Center
  • 独立行政法人国立病院機構東京医療センター
  • 国立病院機構東京医療センター
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of