Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国益(こくえき、英: national interest)は、国の利益をいう。日本においては、江戸時代中期(宝暦 - 天明期)にはこの用語が登場しており、諸藩領国の商品生産や手工業生産における国産品自給自足の思想や経済自立化の思想をあらわす経済概念として使用された。その後、明治期にはおもに経済概念として建議論説類にさかんに利用され、1960年代頃から「national interest」の訳語として政治概念として使用されるようになった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 177465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55935967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --06-19
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:参照方法
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:国際化
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国益(こくえき、英: national interest)は、国の利益をいう。日本においては、江戸時代中期(宝暦 - 天明期)にはこの用語が登場しており、諸藩領国の商品生産や手工業生産における国産品自給自足の思想や経済自立化の思想をあらわす経済概念として使用された。その後、明治期にはおもに経済概念として建議論説類にさかんに利用され、1960年代頃から「national interest」の訳語として政治概念として使用されるようになった。
rdfs:label
  • 国益
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of