Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学において、四面体形分子構造(しめんたいがたぶんしこうぞう、Tetrahedral molecular geometry)とは、中心原子に配位する4個の置換基が四面体の頂点に位置した分子構造のことである。メタン分子のように、4個の置換基がすべて同じときその結合角はcos−1(−1/3) ≈ 109.5°である。この分子構造は周期表の前半部では一般的である。点群は Td に属するが、ほとんどの四面体分子はそれほど対称性は大きくない。四面体分子はキラルになることができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1660213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47463516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学において、四面体形分子構造(しめんたいがたぶんしこうぞう、Tetrahedral molecular geometry)とは、中心原子に配位する4個の置換基が四面体の頂点に位置した分子構造のことである。メタン分子のように、4個の置換基がすべて同じときその結合角はcos−1(−1/3) ≈ 109.5°である。この分子構造は周期表の前半部では一般的である。点群は Td に属するが、ほとんどの四面体分子はそれほど対称性は大きくない。四面体分子はキラルになることができる。
rdfs:label
  • 四面体形
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of