Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 四諦(したい)、または四聖諦(ししょうたい、梵: catvāri ārya-satyāni, チャトヴァーリ・アーリヤ・サティヤーニ、巴: cattāri ariya-saccāni, チャッターリ・アリヤ・サッチャーニ、4つの・聖なる・真理(諦))とは、仏教用語で、釈迦が悟りに至る道筋を説明するために、現実の様相とそれを解決する方法論をまとめた4つの真理である「苦・集・滅・道」のこと。「此縁性」を実践的観点から言い換えたもの。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56870305 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 四諦(したい)、または四聖諦(ししょうたい、梵: catvāri ārya-satyāni, チャトヴァーリ・アーリヤ・サティヤーニ、巴: cattāri ariya-saccāni, チャッターリ・アリヤ・サッチャーニ、4つの・聖なる・真理(諦))とは、仏教用語で、釈迦が悟りに至る道筋を説明するために、現実の様相とそれを解決する方法論をまとめた4つの真理である「苦・集・滅・道」のこと。「此縁性」を実践的観点から言い換えたもの。
rdfs:label
  • 四諦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of