Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 四町作第一トンネル(よまちさくだいいちトンネル)は、国道410号の千葉県君津市大戸見にあるトンネル。正式なトンネル名は、四町作第一隧道(よまちさくだいいちずいどう)といい、モルタル吹付構造で、全長52mである。開通は1902年(明治35年)で、現在通行できる日本の国道のトンネルの中で、国道143号の明通トンネルに次いで二番目に古いものである。2013年(平成25年)2月に、同じ国道410号君津市大戸見地先の大戸見隧道内でのモルタルの剥落を受け、千葉県において緊急点検が実施された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1494593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55396972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 四町作第一トンネル(よまちさくだいいちトンネル)は、国道410号の千葉県君津市大戸見にあるトンネル。正式なトンネル名は、四町作第一隧道(よまちさくだいいちずいどう)といい、モルタル吹付構造で、全長52mである。開通は1902年(明治35年)で、現在通行できる日本の国道のトンネルの中で、国道143号の明通トンネルに次いで二番目に古いものである。2013年(平成25年)2月に、同じ国道410号君津市大戸見地先の大戸見隧道内でのモルタルの剥落を受け、千葉県において緊急点検が実施された。
rdfs:label
  • 四町作第一トンネル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of