Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 四式自動小銃(よんしきじどうしょうじゅう)は1944年(昭和19年 皇紀2604年)に日本軍で開発された半自動小銃である。海軍型と陸軍型があった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 471978 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57536609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:使用弾薬
  • 7.700000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1073 (xsd:integer)
prop-ja:口径
  • 7.7
prop-ja:戦争
  • 太平洋戦争
prop-ja:有効射程
  • 72000.0
prop-ja:発射速度
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:種類
  • 半自動小銃
prop-ja:装弾数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • 横須賀海軍工廠、館山砲術学校研究部、ワシノ製機、中央工業
prop-ja:重量
  • 4097.0
prop-ja:銃口初速
  • 689 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 590.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 四式自動小銃(よんしきじどうしょうじゅう)は1944年(昭和19年 皇紀2604年)に日本軍で開発された半自動小銃である。海軍型と陸軍型があった。
rdfs:label
  • 四式自動小銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of