Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 四国八十八箇所(しこくはちじゅうはっかしょ、「四国八十八ヶ所」とも表記される)は、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院の総称で、四国霊場のもっとも代表的な札所である。単に八十八箇所とも言い、あるいはお四国さん、あるいは本四国とも言われている。四国八十八箇所を巡拝することを四国八十八ヶ所霊場会では四国巡礼と言い、似たような呼び方として四国遍路、四国巡拝などともいう。なお、2015年(平成27年)4月24日、文化庁は日本遺産の最初の18件の一つとして「四国遍路ー回遊型巡礼路と独自の巡礼文化」を選んだと発表した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 19239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 47290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58721233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
  • --06-20
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:対象
prop-ja:説明
  • 38 (xsd:integer)
  • 德光和夫の「德」(徳の旧字体)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 四国八十八箇所(しこくはちじゅうはっかしょ、「四国八十八ヶ所」とも表記される)は、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院の総称で、四国霊場のもっとも代表的な札所である。単に八十八箇所とも言い、あるいはお四国さん、あるいは本四国とも言われている。四国八十八箇所を巡拝することを四国八十八ヶ所霊場会では四国巡礼と言い、似たような呼び方として四国遍路、四国巡拝などともいう。なお、2015年(平成27年)4月24日、文化庁は日本遺産の最初の18件の一つとして「四国遍路ー回遊型巡礼路と独自の巡礼文化」を選んだと発表した。
rdfs:label
  • 四国八十八箇所
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:札所等 of
is foaf:primaryTopic of