Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 噴火警戒レベル(ふんかけいかいレベル)とは、日本において、各火山の活動状況に応じて必要な防災対応や警戒範囲を示すものとして気象庁が発表する指標で、1(活火山であることに留意)から5(避難)までの5段階区分。常時発表され、活動に変化があった際には噴火警報の発表に伴いレベルが変更される。気象庁が噴火予報(噴火警報)を発表している日本国内110(2012年時点)の活火山のうち、噴火想定に基づく地元自治体の避難計画が策定された火山において発表される。2007年(平成19年)12月1日に16火山で開始、現在は31火山となっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1560749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59112587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • --03-23
prop-ja:float
  • right
prop-ja:width
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 噴火警戒レベル(ふんかけいかいレベル)とは、日本において、各火山の活動状況に応じて必要な防災対応や警戒範囲を示すものとして気象庁が発表する指標で、1(活火山であることに留意)から5(避難)までの5段階区分。常時発表され、活動に変化があった際には噴火警報の発表に伴いレベルが変更される。気象庁が噴火予報(噴火警報)を発表している日本国内110(2012年時点)の活火山のうち、噴火想定に基づく地元自治体の避難計画が策定された火山において発表される。2007年(平成19年)12月1日に16火山で開始、現在は31火山となっている。
rdfs:label
  • 噴火警戒レベル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of