Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 喜納 昌永(きな しょうえい、1920年(大正9年) - 2009年(平成21年)12月24日)は、日本の沖縄民謡歌手、三線奏者。沖縄県北中城村島袋出身。普久原朝喜が作詞作曲を務めた『通い船』(かゆいぶに) が大ヒットを収め1960年代の沖縄民謡ブームを代表する歌手となった。また、三線の楽譜にあたる工工四の作成などを行い沖縄民謡の普及にも努めた他、嘉手苅林昌、前川朝昭、普久原恒勇らとともに琉球民謡協会を設立した。2009年には沖縄県功労者表彰の文化部門に選ばれた。晩年は心臓の手術、ポリープによる声帯の一部切除、舌癌など多くの病気に苦しめられたがステージに立つことを続けた。2009年12月24日、梨状陥凹癌にて死去。88歳だった。息子は歌手で参議院議員も務めた喜納昌吉。娘の喜納啓子も歌手で、現在那覇市の国際通りでライブハウスを構え、息子のエディーと孫の昌代とステファニーとともに活動を展開している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1993327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57611275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-04
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 沖縄人2009年没きな しようえい
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 喜納 昌永(きな しょうえい、1920年(大正9年) - 2009年(平成21年)12月24日)は、日本の沖縄民謡歌手、三線奏者。沖縄県北中城村島袋出身。普久原朝喜が作詞作曲を務めた『通い船』(かゆいぶに) が大ヒットを収め1960年代の沖縄民謡ブームを代表する歌手となった。また、三線の楽譜にあたる工工四の作成などを行い沖縄民謡の普及にも努めた他、嘉手苅林昌、前川朝昭、普久原恒勇らとともに琉球民謡協会を設立した。2009年には沖縄県功労者表彰の文化部門に選ばれた。晩年は心臓の手術、ポリープによる声帯の一部切除、舌癌など多くの病気に苦しめられたがステージに立つことを続けた。2009年12月24日、梨状陥凹癌にて死去。88歳だった。息子は歌手で参議院議員も務めた喜納昌吉。娘の喜納啓子も歌手で、現在那覇市の国際通りでライブハウスを構え、息子のエディーと孫の昌代とステファニーとともに活動を展開している。
rdfs:label
  • 喜納昌永
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of