Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 商人(しょうにん、しょうひと、あきびと、あきんど、あきゅうど) しょうにん。商売を職業としていた者。本稿で後述。現代と区別して、商売を行っていた歴史上の職業を扱う。商売を商い(あきない)ともいうことから「あきんど」と読むこともあるが、くだけた読みであり、公式の場では用いない。 しょうにん。商法学における基本概念の一つ。曖昧さ回避を参照。 しょうひと。中国の古代王朝の一つである商(殷)の国民若しくは出身者、又は彼らの子孫。中国で最も早くから、ある場所で安価で購入した物資をその物資に乏しい別の場所で高価で売却して差益を稼ぐことを生業とする者が現れた民族といわれており、上述した「しょうにん」の語源となったと言われているが、これは俗説のようである。 比喩或いは皮肉として、戦争において売買を行う人物、がめつい人物を「商人」と評することがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1457011 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59200851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 商人(しょうにん、しょうひと、あきびと、あきんど、あきゅうど) しょうにん。商売を職業としていた者。本稿で後述。現代と区別して、商売を行っていた歴史上の職業を扱う。商売を商い(あきない)ともいうことから「あきんど」と読むこともあるが、くだけた読みであり、公式の場では用いない。 しょうにん。商法学における基本概念の一つ。曖昧さ回避を参照。 しょうひと。中国の古代王朝の一つである商(殷)の国民若しくは出身者、又は彼らの子孫。中国で最も早くから、ある場所で安価で購入した物資をその物資に乏しい別の場所で高価で売却して差益を稼ぐことを生業とする者が現れた民族といわれており、上述した「しょうにん」の語源となったと言われているが、これは俗説のようである。 比喩或いは皮肉として、戦争において売買を行う人物、がめつい人物を「商人」と評することがある。
rdfs:label
  • 商人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:profession of
is prop-ja:職業 of
is foaf:primaryTopic of