Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 品川 信良(しながわ しんりょう、1923年(大正12年)6月22日 - )は、日本の産婦人科学者、弘前大学名誉教授。東京に生まれる。東京と、秋田県の農村で育つ。 旧制山形高等学校卒、1946年東北帝国大学医学部卒、同助手、1952年東北大学医学博士。58年弘前大学医学部産婦人科教授、医学部附属病院長、1983年退官、名誉教授、青森県立中央病院長。1999年勲三等旭日中綬章受勲。医療と倫理のほか、政治・社会に関する評論も書く。ミドリ十字によるアメリカからの非加熱血液製剤輸入を推進した過去があり、これは後の薬害エイズ事件の間接的なきっかけとなっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2914053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53246312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 品川 信良(しながわ しんりょう、1923年(大正12年)6月22日 - )は、日本の産婦人科学者、弘前大学名誉教授。東京に生まれる。東京と、秋田県の農村で育つ。 旧制山形高等学校卒、1946年東北帝国大学医学部卒、同助手、1952年東北大学医学博士。58年弘前大学医学部産婦人科教授、医学部附属病院長、1983年退官、名誉教授、青森県立中央病院長。1999年勲三等旭日中綬章受勲。医療と倫理のほか、政治・社会に関する評論も書く。ミドリ十字によるアメリカからの非加熱血液製剤輸入を推進した過去があり、これは後の薬害エイズ事件の間接的なきっかけとなっている。
rdfs:label
  • 品川信良
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of