Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 咬合(こうごう)とは、上下顎の歯が接触することで、さまざまな様式がある。その咬合様式により、顎関節症や開口障害、嚥下障害、齲蝕、歯周病の発生など多岐にわたる症状を起こすことがあり、正しい咬合が求められる。上下の歯が接触している時の上顎に対する下顎の位置関係を咬合位といい、中心咬合位・中心位・咬頭嵌合位・最大開口位・最前方位・下顎安静位に分類される。咬合は、顎口腔機能の回復という点で補綴科(全部床義歯、部分床義歯、クラウン・ブリッジ、インプラント)、保存科(保存修復、歯内療法、歯周病)、矯正歯科、小児歯科、口腔外科といった全ての診療科に関わっている。咬合については様々な考え、研究が発表されているものの、決定的に正しいとされる理論発見には至っておらず、今なお考えは変遷を続けている。咬合には、歯科医師をはじめ基礎歯学の解剖学(口腔解剖学)や生理学(口腔生理学)など様々な分野の専門家が研究に従事しており、専門医(認定医)制度も施行されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 356679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46925704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 咬合(こうごう)とは、上下顎の歯が接触することで、さまざまな様式がある。その咬合様式により、顎関節症や開口障害、嚥下障害、齲蝕、歯周病の発生など多岐にわたる症状を起こすことがあり、正しい咬合が求められる。上下の歯が接触している時の上顎に対する下顎の位置関係を咬合位といい、中心咬合位・中心位・咬頭嵌合位・最大開口位・最前方位・下顎安静位に分類される。咬合は、顎口腔機能の回復という点で補綴科(全部床義歯、部分床義歯、クラウン・ブリッジ、インプラント)、保存科(保存修復、歯内療法、歯周病)、矯正歯科、小児歯科、口腔外科といった全ての診療科に関わっている。咬合については様々な考え、研究が発表されているものの、決定的に正しいとされる理論発見には至っておらず、今なお考えは変遷を続けている。咬合には、歯科医師をはじめ基礎歯学の解剖学(口腔解剖学)や生理学(口腔生理学)など様々な分野の専門家が研究に従事しており、専門医(認定医)制度も施行されている。
rdfs:label
  • 咬合
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of