Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『周書』(しゅうじょ 繁体字:周書、簡体字:周书、ピン音:Zhōu Shū、ウェード式:Chou-shu)は、唐の令狐徳棻らが太宗の勅命によって撰した紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。西魏、北周両朝の歴史を記録した正史である。『北周書』(ほくしゅうじょ)、『後周書』(こうしゅうじょ)とも呼ぶ。50巻、636年(貞観10年)に完成した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 302167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57844846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:first
  • t
prop-ja:hp
  • Zhōu Shū
prop-ja:s
  • 周书
prop-ja:t
  • 周書
prop-ja:w
  • Chou-shu
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『周書』(しゅうじょ 繁体字:周書、簡体字:周书、ピン音:Zhōu Shū、ウェード式:Chou-shu)は、唐の令狐徳棻らが太宗の勅命によって撰した紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。西魏、北周両朝の歴史を記録した正史である。『北周書』(ほくしゅうじょ)、『後周書』(こうしゅうじょ)とも呼ぶ。50巻、636年(貞観10年)に完成した。
rdfs:label
  • 周書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of