Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 吸着等温式(きゅうちゃくとうおんしき、英: adsorption isotherm)は、気体がある一定温度下で固体に吸着される際の圧力と吸着量の相関関係を表した式である。または溶液中の溶質がある一定温度下で固体に吸着される際の濃度と吸着量の相関関係を表した式である。この場合、圧力を濃度で置き換えた式がそのまま成立する。理論的な式や経験的な式が数多く提案されている。以下にその代表的な例を示す。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 234994 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59103003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 吸着等温式(きゅうちゃくとうおんしき、英: adsorption isotherm)は、気体がある一定温度下で固体に吸着される際の圧力と吸着量の相関関係を表した式である。または溶液中の溶質がある一定温度下で固体に吸着される際の濃度と吸着量の相関関係を表した式である。この場合、圧力を濃度で置き換えた式がそのまま成立する。理論的な式や経験的な式が数多く提案されている。以下にその代表的な例を示す。
rdfs:label
  • 吸着等温式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of