Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『君主論』(くんしゅろん、Il Principe)は、ニッコロ・マキャヴェッリによる政治学の著作である。歴史上の様々な君主および君主国を分析し、君主とはどうあるものか、君主として権力を獲得し、また保持し続けるにはどのような力量(徳、ヴィルトゥ)が必要かなどを論じている。その政治思想から現実主義の古典として位置づけられる。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 121364 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58692158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:country
prop-ja:imageCaption
  • 『君主論』表紙
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • Il Principe
prop-ja:published
  • 1532 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 君主論
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『君主論』(くんしゅろん、Il Principe)は、ニッコロ・マキャヴェッリによる政治学の著作である。歴史上の様々な君主および君主国を分析し、君主とはどうあるものか、君主として権力を獲得し、また保持し続けるにはどのような力量(徳、ヴィルトゥ)が必要かなどを論じている。その政治思想から現実主義の古典として位置づけられる。
rdfs:label
  • 君主論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Il Principe
  • 君主論
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of