Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 向精神薬(こうせいしんやく、英: Psychoactive drug, Psychotropic)とは、中枢神経系に作用し、生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称である。脳に対する作用の研究が行われている薬物である。主として、精神医学の分野で研究され、精神科で用いられる精神科の薬、また薬物乱用と使用による害に懸念のあるタバコやアルコール、また法律上の定義である麻薬のような娯楽薬が含まれる。こうした物質は精神薬理学の研究対象である。向精神薬に関する条約にて指定された薬物が、付表IからIVまですべてが「国際条約上の向精神薬」であることは、この条約の1条(e)で定義される通りである。各国は条約に批准しているため、薬物を管理するための同様の法律を有する。狭義の「日本の法律上の向精神薬」は、麻薬及び向精神薬取締法で個別に指定された薬物を指す。薬物乱用の懸念があるメチルフェニデートのようなや精神刺激薬、ベンゾジアゼピン系やバルビツール酸系の抗不安薬・睡眠薬・麻酔薬・抗てんかん薬の一部が、日本の同法における第一種向精神薬から第三種向精神薬に指定されている。これは国際条約の付表IIからIVに相当する。向精神薬に関する条約において付表Iに分類されているLSDなどを、日本の法律上は麻薬に分類している点が、国際法と日本法で異なる。精神刺激薬(Stimulant)は、中枢神経系を活性化させる薬物の総称で、コカイン、ニコチン、カフェイン、アンフェタミンやメタンフェタミンやMDMA、メチルフェニデートが含まれる。心拍や呼吸を増加する。慢性的な使用により統合失調症様の精神刺激薬精神病を呈する。抑制剤(Depressant)は、その反対に中枢神経系を抑制する作用を持つ。アルコール、有機溶剤、ベンゾジアゼピン系薬、ヘロインやアヘンやモルヒネといったオピオイド系の薬物や大麻が含まれる。抗不安作用や鎮痛作用がある。過量服薬すると呼吸中枢を抑制して死亡するものも多い。幻覚剤(Hallucinogen)は、幻覚作用を持つ薬物で、典型的にはLSDのような薬物である。しかしながら、大麻やMDMAは幻覚特性を持つためここにも分類される。これらの薬物では不快な離脱症状を避けるための使用が認められず、そうしたことを理由に医療を求めるのはまれである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 37279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59073756 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink