Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 向氏 辺土名殿内(しょううじ へんとなどぅんち)は、具志川御殿支流6世、向洪基・玉城親方朝智を系祖とする琉球王国の士族(首里士族)。王国末期に国頭間切(現・国頭村)辺土名村の脇地頭を務めた。10世・朝薫は組踊の祖で劇聖と讃えられる芸術家。1718年、冊封使が来琉した時、踊奉行を務めた。その次男・朝喜も踊奉行を務める。朝喜の代から総地頭家から脇地頭家へ降格、王国末期に辺土名村の脇地頭職を務めたので、辺土名が家名となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2633748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56790438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
  • 玉城親方朝薫、奥平親雲上朝喜
prop-ja:出身地
  • 琉球王国・首里
prop-ja:家名
  • 辺土名殿内
prop-ja:家祖
  • 玉城親方朝智
prop-ja:支流
  • 向氏石原殿内、向氏野国殿内、向氏名嘉原殿内、向氏小橋川殿内
prop-ja:本姓
prop-ja:根拠地
  • 琉球王国・首里
prop-ja:種別
  • 琉球士族(首里士族)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 向氏 辺土名殿内(しょううじ へんとなどぅんち)は、具志川御殿支流6世、向洪基・玉城親方朝智を系祖とする琉球王国の士族(首里士族)。王国末期に国頭間切(現・国頭村)辺土名村の脇地頭を務めた。10世・朝薫は組踊の祖で劇聖と讃えられる芸術家。1718年、冊封使が来琉した時、踊奉行を務めた。その次男・朝喜も踊奉行を務める。朝喜の代から総地頭家から脇地頭家へ降格、王国末期に辺土名村の脇地頭職を務めたので、辺土名が家名となった。
rdfs:label
  • 向氏辺土名殿内
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:支流 of
is foaf:primaryTopic of