Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 起線(おこしせん)とは、愛知県一宮市の新一宮駅(廃止直前は八幡町駅)から同県同市(営業当時は中島郡起町。後の尾西市)の起駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の軌道線(路面電車)である。1953年(昭和28年)6月の運行休止後に廃止された。複線化等の輸送力増強が敷地等の問題でできず、しかも尾西線昇圧のため1952年(昭和27年)に新一宮駅への乗り入れを中止するなどして沿線人口の増加に対する施策がなかった一方、新一宮駅乗り入れをバスにより代替輸送行ったところ輸送力増強も低コストでできたため、休止期間を経て正式に廃止となりバス輸送に転換された。乗客が多すぎて廃線になったというのは、乗客数の減少によることが多い一般的な廃線の事例や、頻発によって鉄道から乗客を奪ったバス輸送の事例が昭和20年代の都市部ではまだ顕著でなかったことからすれば、同社の高富線とともにまれな廃止事由といえる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 286644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59106550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 起線(おこしせん)とは、愛知県一宮市の新一宮駅(廃止直前は八幡町駅)から同県同市(営業当時は中島郡起町。後の尾西市)の起駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の軌道線(路面電車)である。1953年(昭和28年)6月の運行休止後に廃止された。複線化等の輸送力増強が敷地等の問題でできず、しかも尾西線昇圧のため1952年(昭和27年)に新一宮駅への乗り入れを中止するなどして沿線人口の増加に対する施策がなかった一方、新一宮駅乗り入れをバスにより代替輸送行ったところ輸送力増強も低コストでできたため、休止期間を経て正式に廃止となりバス輸送に転換された。乗客が多すぎて廃線になったというのは、乗客数の減少によることが多い一般的な廃線の事例や、頻発によって鉄道から乗客を奪ったバス輸送の事例が昭和20年代の都市部ではまだ顕著でなかったことからすれば、同社の高富線とともにまれな廃止事由といえる。
rdfs:label
  • 名鉄起線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of