Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 名古屋電灯株式会社(名古屋電燈株式會社、なごやでんとう)は、明治から大正にかけて存在した電力会社である。愛知県名古屋市を中心に、愛知県や隣接する岐阜県および静岡県において電気事業を展開した。昭和初期の大手電力会社5社(通称「五大電力会社」)のうち東邦電力の前身であり、大同電力の母体である。1889年(明治22年)に中部地方で最初の電力会社として名古屋市で開業。大正に入ると実業家で「電力王」と呼ばれた福澤桃介が社長に就任し、木曽川などで水利権を獲得、これらを元に1918年(大正7年)大同電力の前身で電力卸売を主とする木曽電気製鉄を設立した。あわせて名古屋電灯は周囲の電気事業者を次々と合併して規模を拡大し、1921年(大正10年)、奈良県を本拠とする関西水力電気と合併して関西電気株式会社となり、1922年(大正11年)には九州を地盤とする九州電灯鉄道と合併して東邦電力株式会社へと発展した。ただし、関西水力電気との合併に際して名古屋電灯は手続き上解散している(関西水力電気が存続会社となり関西電気に改称した)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 632531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58392069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 名古屋電灯株式会社(名古屋電燈株式會社、なごやでんとう)は、明治から大正にかけて存在した電力会社である。愛知県名古屋市を中心に、愛知県や隣接する岐阜県および静岡県において電気事業を展開した。昭和初期の大手電力会社5社(通称「五大電力会社」)のうち東邦電力の前身であり、大同電力の母体である。1889年(明治22年)に中部地方で最初の電力会社として名古屋市で開業。大正に入ると実業家で「電力王」と呼ばれた福澤桃介が社長に就任し、木曽川などで水利権を獲得、これらを元に1918年(大正7年)大同電力の前身で電力卸売を主とする木曽電気製鉄を設立した。あわせて名古屋電灯は周囲の電気事業者を次々と合併して規模を拡大し、1921年(大正10年)、奈良県を本拠とする関西水力電気と合併して関西電気株式会社となり、1922年(大正11年)には九州を地盤とする九州電灯鉄道と合併して東邦電力株式会社へと発展した。ただし、関西水力電気との合併に際して名古屋電灯は手続き上解散している(関西水力電気が存続会社となり関西電気に改称した)。
rdfs:label
  • 名古屋電燈
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:owner of
is dbpedia-owl:owningCompany of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主要株主 of
is foaf:primaryTopic of