Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「名人伝」(めいじんでん)は、中島敦の短編小説。趙の都・邯鄲に住む紀昌(きしょう)が、天下第一の弓の名人になろうと志を立て、当今弓矢をとっては及ぶ者がないと思われる名手・飛衛(ひえい)、次いで飛衛をしておのが技は児戯に等しいと言わしめる仙人・甘蠅(かんよう)に師事して「不射の射」を体得する。真の名人となった紀昌の心は弓への執着からも離れ、ついには弓そのものを忘れ去るに至る。飛衛、紀昌、甘蠅の話は『列子』に載っている。岩の上に昇って弓を射る話は、『荘子』に載っている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 604668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53263124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「名人伝」(めいじんでん)は、中島敦の短編小説。趙の都・邯鄲に住む紀昌(きしょう)が、天下第一の弓の名人になろうと志を立て、当今弓矢をとっては及ぶ者がないと思われる名手・飛衛(ひえい)、次いで飛衛をしておのが技は児戯に等しいと言わしめる仙人・甘蠅(かんよう)に師事して「不射の射」を体得する。真の名人となった紀昌の心は弓への執着からも離れ、ついには弓そのものを忘れ去るに至る。飛衛、紀昌、甘蠅の話は『列子』に載っている。岩の上に昇って弓を射る話は、『荘子』に載っている。
rdfs:label
  • 名人伝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of