Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 吉田 兼好(よしだ けんこう)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。治部少輔卜部兼顕の子。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。卜部氏の嫡流は後の時代に吉田家、平野家などに分かれ、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書ではすべて「兼好法師」と表している。また、兼好と呼ぶこともある。日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者であり、また私家集『兼好法師家集』がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 48566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58240808 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 吉田兼好、兼好法師
prop-ja:
  • なし
prop-ja:
  • なし
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 文和元年/正平7年(1352年)以後?
prop-ja:氏名
  • 卜部 兼好
prop-ja:氏族
  • 卜部宿禰嫡流
prop-ja:父母
  • 父:卜部兼顕、母:素性不詳
prop-ja:生誕
  • 弘安6年(1283年)頃?
prop-ja:画像
  • Yoshida Kenko.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 吉田 兼好(菊池容斎・画 江戸時代)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 吉田 兼好(よしだ けんこう)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。治部少輔卜部兼顕の子。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。卜部氏の嫡流は後の時代に吉田家、平野家などに分かれ、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書ではすべて「兼好法師」と表している。また、兼好と呼ぶこともある。日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者であり、また私家集『兼好法師家集』がある。
rdfs:label
  • 吉田兼好
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of