Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 合わせガラス(あわせガラス、英語:laminated glass)とは、複数の板ガラスの間に樹脂などの中間膜を挟み、接着したガラスのこと。高速道路での衝突事故や列車脱線事故など、窓枠が大きくゆがむほどの衝撃にも耐えられる対貫通性・耐衝撃性を持ち、また割れた際の飛散も起きにくいため、自動車のフロントガラスや路線バスの前面行先表示器ガラス、鉄道車両のフロントガラスおよび側面ガラス、情報機器のモニター用ガラス、防犯ガラスとして用いられる。また、中間膜の特性を変更することにより、紫外線・赤外線の吸収、防音、着色など、様々な付加機能を与えることも可能である。ただし、その性質上リサイクルし辛く、使用後は産業廃棄物として処理されることが多い。高高度を飛行するジェット旅客機のコックピットでは、合わせガラス式ウィンドシールド(風防ガラス)の中間層へ透明な電熱シートを加え加熱することで、低温でガラスが脆くなることと外部表面の氷結を防いでいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 934556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57260732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 合わせガラス(あわせガラス、英語:laminated glass)とは、複数の板ガラスの間に樹脂などの中間膜を挟み、接着したガラスのこと。高速道路での衝突事故や列車脱線事故など、窓枠が大きくゆがむほどの衝撃にも耐えられる対貫通性・耐衝撃性を持ち、また割れた際の飛散も起きにくいため、自動車のフロントガラスや路線バスの前面行先表示器ガラス、鉄道車両のフロントガラスおよび側面ガラス、情報機器のモニター用ガラス、防犯ガラスとして用いられる。また、中間膜の特性を変更することにより、紫外線・赤外線の吸収、防音、着色など、様々な付加機能を与えることも可能である。ただし、その性質上リサイクルし辛く、使用後は産業廃棄物として処理されることが多い。高高度を飛行するジェット旅客機のコックピットでは、合わせガラス式ウィンドシールド(風防ガラス)の中間層へ透明な電熱シートを加え加熱することで、低温でガラスが脆くなることと外部表面の氷結を防いでいる。
rdfs:label
  • 合わせガラス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of