Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 司馬 越(しばえつ、? - 311年)は、中国西晋の皇族。字は元超。司馬懿の四弟である司馬馗(季達)の孫で高密王司馬泰(子舒)の長子。妻は裴氏(裴妃)で、子に司馬毗ら。八王の乱を終結させ、懐帝を即位させて西晋の実権を握るも、懐帝と対立する中で病死。八王の乱後の政権を支えていたが、永嘉の乱を収めきれないままであり、西晋は彼の死の直後に滅亡が決定的となり、五胡十六国時代の到来を招いた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 173461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 99 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58974106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 司馬 越(しばえつ、? - 311年)は、中国西晋の皇族。字は元超。司馬懿の四弟である司馬馗(季達)の孫で高密王司馬泰(子舒)の長子。妻は裴氏(裴妃)で、子に司馬毗ら。八王の乱を終結させ、懐帝を即位させて西晋の実権を握るも、懐帝と対立する中で病死。八王の乱後の政権を支えていたが、永嘉の乱を収めきれないままであり、西晋は彼の死の直後に滅亡が決定的となり、五胡十六国時代の到来を招いた。
rdfs:label
  • 司馬越
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of