Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 台湾系アメリカ人(たいわんけいアメリカじん、Taiwanese American、臺灣裔美國人)は、アメリカ合衆国市民の中で 台湾にルーツがある人々のこと。第二次世界大戦後の移民によって、アメリカ合衆国に渡った人々とその子孫のことを指すことが大多数を占める。大陸出身の中国系住民と同様と見なすかは、議論の対象となっている(台湾問題)。台湾独立運動の支持者たちは、台湾系住民と中国系住民及び華僑は別だと主張している。台湾系を中国系に含めるか否かの議論は、在外同胞に関わる業務を所管している僑務委員会の英語名称が「Overseas Chinese Affairs Commission」から「Overseas Compatriot Affairs Commission」に変更されるきっかけとなった(台湾本土化運動)。米華両政府が台湾系住民を中国系住民の一部と説明しているように、人口統計学の研究においても中国大陸や香港、マカオ、台湾だけでなく東南アジアから再移住した華僑も、中国の国家の地位としての問題(「一つの中国」ならびに「二つの中国」問題)には触れずに、広義の中国系アメリカ人として包括する傾向にある。2007年のアメリカの国勢調査では、台湾系住民は100,608人(8,501人の誤差幅あり)居住していると見積もられた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2157207 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57374357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人口
  • 100000 (xsd:integer)
prop-ja:宗教
prop-ja:居住地
prop-ja:民族
  • 台湾系アメリカ人
prop-ja:民族語名称
  • Taiwanese American
prop-ja:画像
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
prop-ja:言語
prop-ja:関連
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 台湾系アメリカ人(たいわんけいアメリカじん、Taiwanese American、臺灣裔美國人)は、アメリカ合衆国市民の中で 台湾にルーツがある人々のこと。第二次世界大戦後の移民によって、アメリカ合衆国に渡った人々とその子孫のことを指すことが大多数を占める。大陸出身の中国系住民と同様と見なすかは、議論の対象となっている(台湾問題)。台湾独立運動の支持者たちは、台湾系住民と中国系住民及び華僑は別だと主張している。台湾系を中国系に含めるか否かの議論は、在外同胞に関わる業務を所管している僑務委員会の英語名称が「Overseas Chinese Affairs Commission」から「Overseas Compatriot Affairs Commission」に変更されるきっかけとなった(台湾本土化運動)。米華両政府が台湾系住民を中国系住民の一部と説明しているように、人口統計学の研究においても中国大陸や香港、マカオ、台湾だけでなく東南アジアから再移住した華僑も、中国の国家の地位としての問題(「一つの中国」ならびに「二つの中国」問題)には触れずに、広義の中国系アメリカ人として包括する傾向にある。2007年のアメリカの国勢調査では、台湾系住民は100,608人(8,501人の誤差幅あり)居住していると見積もられた。
rdfs:label
  • 台湾系アメリカ人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of