Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 台湾古跡一覧(たいわんこせきいちらん)では中華民国文化財保護法にうより規定された古跡(史跡・文化財)の一覧を列記する。台湾での古跡は、国家古跡(一級古跡)、直轄市古跡(二級古跡)、県市級古跡(三級古跡)の3種類に分類されている。1997年以前に区分されたものは一級、二級、三級と区分され、それ以降は保護機関の名称が使用されている。台湾の都市の発展は台南台湾府城と台北艋舺を中心とし、領地には百ヶ所を越える史跡が指定されている。それ以外には清朝統治時代に淡水庁が設置されていた新竹(竹塹)や、台湾海峡の中継地点であった澎湖(平湖)、かつて商港として繁栄した基隆(鶏籠)、鹿港などにも多く分布している。2003年末までに台湾で指定された古跡は556ヶ所であり、その区分は下記の通りである:その後、行政区画が変更されるなどで、その数には変化がある。以下は台湾における各古跡の一覧である:
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1113939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 51753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57988549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 台湾古跡一覧(たいわんこせきいちらん)では中華民国文化財保護法にうより規定された古跡(史跡・文化財)の一覧を列記する。台湾での古跡は、国家古跡(一級古跡)、直轄市古跡(二級古跡)、県市級古跡(三級古跡)の3種類に分類されている。1997年以前に区分されたものは一級、二級、三級と区分され、それ以降は保護機関の名称が使用されている。台湾の都市の発展は台南台湾府城と台北艋舺を中心とし、領地には百ヶ所を越える史跡が指定されている。それ以外には清朝統治時代に淡水庁が設置されていた新竹(竹塹)や、台湾海峡の中継地点であった澎湖(平湖)、かつて商港として繁栄した基隆(鶏籠)、鹿港などにも多く分布している。2003年末までに台湾で指定された古跡は556ヶ所であり、その区分は下記の通りである:その後、行政区画が変更されるなどで、その数には変化がある。以下は台湾における各古跡の一覧である:
rdfs:label
  • 台湾古跡一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of