Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 召集(しょうしゅう)とは、上位者が下位者を呼び集めること。日本ではとくに天皇の名において、集まるよう命じる場合を指す。明治時代から太平洋戦争(大東亜戦争)終結までは主に政治および軍事に「召集」の文言が使用され、政治は国会議員を帝国議会へ集まるように命じること、軍事は在郷の将兵を軍務につくよう命じる場合などの用語として用いられた。軍事の召集には目的や対象によって様々な例があった。日本国憲法下の現在では第7条に定められた国会議員に対し国会へ集まるように命じることのみに使われ、国会召集は詔書により行われる。内閣総理大臣による会議・審議会などの「しょうしゅう」、地方議会などの「しょうしゅう」、防衛・治安活動における「非常しょうしゅう」などの場合は、いずれも招集の字を用いる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 700402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58520029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 召集(しょうしゅう)とは、上位者が下位者を呼び集めること。日本ではとくに天皇の名において、集まるよう命じる場合を指す。明治時代から太平洋戦争(大東亜戦争)終結までは主に政治および軍事に「召集」の文言が使用され、政治は国会議員を帝国議会へ集まるように命じること、軍事は在郷の将兵を軍務につくよう命じる場合などの用語として用いられた。軍事の召集には目的や対象によって様々な例があった。日本国憲法下の現在では第7条に定められた国会議員に対し国会へ集まるように命じることのみに使われ、国会召集は詔書により行われる。内閣総理大臣による会議・審議会などの「しょうしゅう」、地方議会などの「しょうしゅう」、防衛・治安活動における「非常しょうしゅう」などの場合は、いずれも招集の字を用いる。
rdfs:label
  • 召集
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of